WordPressテーマをSimplicity2に変更する方法を初心者でもわかりやすく解説!

How to

今まで使っていたテーマだと、横幅目いっぱい文字で埋め尽くされてしまって、間延びした感じになっていました。CSSでどうにか変更できないものかとファイルの中をのぞいたのですが、うぅ・・私には無理。。(:3」∠)

ということで、素直にテーマを探すことに。でもいいものがナイ!

ちょうどTwitterから「ミナミのブログ」さんの「11記事で圧倒的初心者がGoogleアドセンスに合格できた理由」という記事に紹介されていたデザインをみて、これイイ!

アドセンスに11記事で合格とはすごいですね!私はまだやっていないので、参考にさせていただきたいと思います。

スポンサーリンク

Simplicity2のダウンロード

Simplicity2の公式サイトからダウンロード
https://wp-simplicity.com/downloads/downloads2/

simplicity2ダウンロード

下のような窓がポップアップしてくるので「保存」ボタンを押します

simplicity2ダウンロード

これでzipファイルがダウンフォルダに入りました



テーマのアップロードと有効化

次に、ワードプレスの外観>テーマを開き、「新規追加」ボタンをクリック

WordPressテーマを新規追加

「テーマのアップロード」ボタンをクリック

WordPressテーマのアップロード


ダウンロードしたファイル(今回は:simplicity2.7.4.zip)を選択

WordPressテーマのアップロード


ファイルが選択できたら「今すぐインストール」ボタンをクリック

WordPressテーマのインストール


テーマがインストールされたら「有効化」をクリック



新しく、Simplicityに変更ができました!

 

子テーマの必要性について

Simplicity2のダウンロードページに「子テーマ」とともにダウンロードして、子テーマの方を「有効」にして利用することを強くおすすめします、という記載がありました。

WordPress子テーマの必要性


理由は以下。親テーマをカスタマイズすると、アプデの時にカスタマイズが全て消えるので、子テーマをカスタマイズしてね、ということでした。
詳しくはWordPressテーマのカスタマイズで子テーマを使うべき理由、使い方などでご覧ください。

テーマをカスタマイズするなら親テーマの直接編集はお勧めできません。
というのも、ダウンロードページで配布しているテーマファイルを直接編集すると、アップデート時に編集下部分がが上書きされ、せっかくのカスタマイズが全て消えてしまいます。
それを防ぐために、テーマファイルを編集する場合は必ず子テーマをカスタマイズし、インストールすることをおすすめします。
子テーマをカスタマイズすることで、その後のメンテナンスにかかる労力が大きく削減されます。

https://wp-simplicity.com/downloads/child-theme2/

子テーマのダウンロード~有効化

子テーマのダウンロード
https://wp-simplicity.com/downloads/child-theme2/

※子テーマをインストールすると、それまで親テーマでカスタマイズしたものが全て上書きされてしまうので気をつけて下さい。

WordPress子テーマダウンロード


管理画面から外観>テーマ を選び、「新規追加」ボタンクリック

WordPress子テーマ新規追加


「テーマのアップロード」ボタンをクリックしてzipファイル選択

WordPress子テーマアップロード


「今すぐインストール」クリック

WordPress子テーマインストール


アップロードした子テーマを「有効化」

WordPress子テーマ有効化


これで子テーマが有効化されました!

WordPress子テーマ有効化


スキンの追加方法

子テーマがなくても、このスキンがあればお手軽に外観が変更できるので、ライトユーザーに人気ということです。私も気に入ったスキンがあったので使わせていただきました!

スキンのダウンロード

作者さんのHPきょうのいろからダウンロードします
パステル調でかわいいHPです♪



ブラウザの下に出てくるダウンロード情報をダブルクリック



開いた窓でzipファイルをデスクトップ上に展開します



デスクトップに展開したファイルがあればOKです



FTPソフトでサーバーへアップロード

FTPソフトでファイルをアップロードします
もし、利用したことがない場合は窓の杜からFFFTPがオススメです。

窓の杜FFFTP

★FFFTPの接続設定の方法が不明な場合はこちらへ

FFFTPでXサーバーにアップロード

サーバー内のスキンを入れる場所を開きます

子テーマを利用している場合は、子テーマフォルダ内の「skins」ディレクトリを開くことをおすすめします。「skins」ディレクトリがない場合は、作成してください。

https://wp-simplicity.com/simplicity-skin-up/

WordPress利用の私の場合は以下にありました
/indoorlove.com/public_html/wp-content/themes/simplicity2-child/skins

FFFTP子テーマにスキン追加


デスクトップ上にあるスキンのファイルをドラッグ&ドロップします
これでファイルがアップロードできます

スキンをサーバーへアップロード


WordPressでテーマを適用する

WordPressの管理画面から 外観>カスタマイズ>子テーマ>スキン

アップロードしたスキンを選ぶ



スキン入れただけでタイトルがかわいくなった!

スキン反映

 

子テーマ内のスキンだけ表示さる方法

親テーマに沢山スキンが入っていて、それが子テーマ内にも表示されるので、子テーマ内にあるスキンだけを表示させました

<Xサーバーの場合>
/indoorlove.com/public_html/wp-content/themes/simplicity2-child内の
functions.php

 

  • functions.php ファイルをローカルにダウンロード
  • return true;  → return false; に変更して保存
  • functions.php ファイルをローカルからサーバーにアップロード
  •  

<?php //子テーマ用関数
//親skins の取得有無の設定
function include_parent_skins(){
return true; //親skinsを含める場合はtrue、含めない場合はfalse
}
//子テーマ用のビジュアルエディタースタイルを適用
add_editor_style();

//以下にSimplicity子テーマ用の関数を書く

親テーマにあるスキンが見えなくなり、スッキリ~♪

 

まとめ

1.親テーマで行ったカスタマイズはアップデートで全て消えてしまう

2.そのため、子テーマも一緒にダウンロードすると良い

3.子テーマがなくても、スキンだけでカスタマイズ可能

4.子テーマがある場合は、スキンも子テーマ内に入れる方が良い

コメント

タイトルとURLをコピーしました